カートラベルマナー基本編

日本カートラベル推進協会では、2018年9月開催の「カートラジャパン」の会期にて
下記のカートラベルマナー基本編を発表いたしました。
今後、当協会ではカートラベルのマナー啓蒙にも取り組んでまいります。

カートラベルマナー(基本編)

① まずはカートラベルを楽しもう
  せっかくの旅だから楽しく第一に。誰にも迷惑をかけず、
  誰にも嫌な顔をされず、思いやりを持てる旅人を目指しましょう。

② 駐車場などではキャンプ行為をやめよう
  道の駅、SA&PAでは車外でのキャンプ行為、調理、テーブル・椅子
  の利用は禁止されています。

③ 非常時以外はエンジンを停止しよう
  アイドリングはマナー違反。エンジンを停止して停泊できる季節、
  装備をしっかり確認しましょう。

④ ゴミは持ち帰えろう
  カートラベル普及のため、ゴミは持ち帰りましょう。

⑤ 車外への音漏れに注意し、周りに配慮しよう
  話し声やオーディオの音など、特に深夜や早朝は注意しましょう。

⑥ 車いすマークの場所では停泊をやめよう
  カートラベルを楽しんでる人は、マナーのお手本と言われるよう
  実践しましょう。

⑦ 大型車スペースでは、周りへ配慮しよう
  大型車スペースを占有すると、トラックやバスなどの妨げになります。
  仕事中の方への配慮を心がけましょう。

⑧ 施設のルールを遵守しよう  
  施設は各々ルールが異なります。ルールを確認し守りましょう。

⑨ カートラベル中は“ありがとう”を表に出そう
  カートラベル中、出会った全ての方に配慮と感謝を表しましょう。